2019.08.26
「2019夏スクール」終了レポート

8月25日(日)で「2019夏スクール」の全日程が終了しました!
各プログラムで、たくさん創造力を発揮し、楽しく学べる時間となったはずです。

★五感の秘密基地(青山こども芸術学校)

自画像を描くのではなく、様々な素材を使って自分を立体的に表現する「自我像」を作成したり、身近なモノを使ってアナログ音を出して演奏したり、アートとミュージックが融合されたテクノロジーソフトを使って音を創り出したりするなど、五感の全てを使って、学びを深めました。最終日は、自分で制作したオリジナル作品を展示して、参加者や保護者に見てもらいながら、自ら作品の説明をしました。

★ラジオCMの時間(青山こども広告社)

子どもたちにはあまり馴染みのないラジオ。実際のラジオCMを聞いたり、擬音の作り方やプロのナレーターの朗読技術に触れたりしながら、音だけで相手に伝える難しさと楽しさを学びました。座学だけではなく、実践の学びとして、あるモノに対して自分達ならどう表現をしてCMを作るかをチームで考え、表現方法やナレーションの作り方をプロから指導を受け、実際にスタジオに行って収録し、最終日には編集されたラジオCMの上映会をしました。

★風力の世界(HELLO!STEAM)

再生可能エネルギーである「風力」を、ハンズオンで様々なモデルを作成し、風の性質を体感しながら学びました。風を使ってモノが動くこと、風力発電のようにエネルギーを生み出すこと、空気をためてモノを動かすことなど、風の特性を実際に体験し、どうすれば効率よく利用できるかを考えられたと思います。最後は、ペアワークで身近で困っているコトを解決するモデルを作り上げて、プレゼンテーションを行いました。

★はじめてのプログラミング(プログラミングラボ)

オリジナルゲーム完成をテーマとして、スモールステップでプログラミングを学習しました。最初は不安のある面持ちでしたが、次第に操作に慣れ、何度も「トライ&エラー」を繰り返しながら、「ループ」「条件分岐」「判定」などのスキルの習得を行い、オリジナルの脱出ゲームを完成させました。完成後は、友達の作品を操作して、フィードバックをしたり、されたりして、作品のブラッシュアップを行いました。