スコップスクールで身につく力

社会も世界も、
劇的に変化しつづけています。
どんな未来がやって来ても、
おかしくない。

だからこそ、
幸せをつかむために必要なのは、
何があってもしなやかに、
自分の未来を切りひらいていく力です。
既存の教科学習だけでは身に付けにくい、
点数化できない能力
(いわゆる非認知能力)
が、必要不可欠になります。
学歴や学力と呼ばれるものも、
それがあればこそ
存分に活きてくるのです。

スコップスクールは
この非認知能力を軸に据えつつ、
自分を活かし、
社会で活きるさまざまな創造力を
「実践的創造力」と名付けました。

子どもたちは、
実社会のさまざまなクリエーティブ領域の
第一線で活躍する
プロフェッショナルたちと
学び、この力を伸ばしていきます。
知識を得るだけでなく、
自分の内から
「掘り起こし」ていくのです。
見えないスコップを、それぞれ手にして。

実践的創造力とは
認知能力/非認知能力
実践的創造力

Society5.0と言われる次の新しい社会を生き抜くのに必要とされるのは「非認知能力」と言われています。それは、IQや学力テスト、偏差値などのように測ることができる認知能力に対し、子どもの将来や人生を豊かにする能力のことです。スコップが育む「実践的創造力」は、従来の教育で重視されている認知能力に加え、この「非認知能力」領域を重視しています。

実践的創造力
  • クリエーションスキル うみだす力
    課題を発見する、視点を広げる、アイデアで解決する、ひとりで思考する、チームで実現する
  • コミュニケーションスキル つなげる力
    多様な「他者」を認める、言語化する、発想を分かち合う、発想を掛け合わせる
  • コンプリートスキル やりぬく力
    計画を立てる、意思を持続させる、柔軟に応じる

スコップは、クリエーションスキル、コミュニケーションスキル、コンプリートスキルの3つからなる「実践的創造力」を開発しました。この3つのスキルを磨く過程で、子どもたちは小さな困難と成功体験を繰り返し、自由なひらめきや想像にとどまらず、あらゆる状況をポジティブに突破する力となり、自らのポテンシャルを社会の価値に変えていける力となります。

過去のスクール一覧